内緒のキャッシングについて

▼金融会社も最大限に配慮

キャッシングの申し込みをする時に心配になるのは、その事実が家族や会社にバレないか、ということでしょう。

結論から言いますと、自分が気を付けていればその事実がバレることは、ほぼ、ないと言っていいでしょう。

キャッシングをした事実がバレるの可能性があるのは、主に、金融会社から自宅への電話確認の時、契約書やカードが自宅に郵送されてくる時、そして、カードそのものを家族などに見られた時です。

しかし、電話確認は自分の携帯電話を指定しておけば問題ありません。

万一、自分以外の家族が電話に出たとしても、金融会社はいきなり社名を名乗らず、本人確認をしてから話をしますから大丈夫です。

郵送物に関しては、家族が間違って開封する可能性はありますから、金融会社に書類の発送日を確認しておいて、到着日に自分が確実に受け取るように注意しましょう。

最後にカードを見られた場合ですが、最近のキャッシングカードは、消費者金融でもレンタルDVDショップのようなデザインにしていますので、パッと見では金融会社のカードとは分からないようになっているので、うまくかわす言葉を用意しておきましょう。



▼在社確認も慎重に行われる

キャッシングの審査の時には、必ず、勤務先に在社確認の電話が掛けられますが、この時ももちろん、金融会社の名前は一切出されず、個人名で行われるのでバレる心配はありません。

ただし、気を付けたいのは派遣社員の方とアルバイトの方が、キャッシングの申し込みをした時です。

派遣社員の場合は、勤務先が派遣会社になりますので、在社確認の電話は派遣会社にかかってきます。

アルバイトの場合は、勤務先に電話が掛けられると私用電話がかかってきたとして、トラブルに発展する可能性があります。

いずれの場合も、在社確認が行われる前に、やむを得ない事情で自分宛に電話がかかってくることを、責任者に伝えておいたほうがよいでしょう。